泣きたくなるような青空

泣きたくなるような青空 (電子書籍)

著者 吉田 修一
ジャンル 書籍 > 小説・エッセイ
書籍 > 電子書籍
シリーズ 翼の王国books
出版年月日 2017/10/02
在庫 在庫あり
972円(税込)

電子書籍書店で購入

フォーマット 価格
電子書籍 972円(税込)
単行本 1,296円(税込)
沖縄を離れる時、僕らは数日間の沖縄に別れを告げるのではなく、
妄想の中で暮らした美しく豊かだった日々に別れを告げなければならず、
その喪失感は青い空を見てつい涙が流れてしまうほどになる。(本文より)

『悪人』『横道世之介』『さよなら渓谷』『怒り』などのベストセラーで知られる芥川賞作家・吉田修一が、
日々を懸命に生きている大人たちに贈る、 どこまでも前向きで心に沁みる50篇のエッセイです。

大人たちを縛る「記憶」との上手な付き合い方がしみじみ伝わってくる 『泣きたくなるような青空』の25篇、
自分自身がいかに唯一無二でユニークなのかをあらためて自覚できる『最後に手にしたいもの』の25篇の、2冊同時発売。

また、出版業界としては異例の
・紙書籍
・電子書籍
・audible(本を耳で楽しむオーディオブック)

の3媒体同時発売!

audibleは『泣きたくなるような青空』を高良健吾さん、『最後に手にしたいもの』を眞島秀和さんに朗読いただきます。

博多って、おっきいなー
清潔であること
思い出のアドレス帳
長崎うまかもん
惜しい……。
静かに近づき、静かに去ってゆく
お盆・花火・長崎
ペルヘンティアン島の奴ら
台湾でのサイン会
フリーハグしてみた
あいにく絵心なし
朝の種類
百年後の笑っていいとも
ベルンで川を流れる
時間を持つもの・軽井沢
人間の声
無音の世界
遠いパリのこと
苦節三十年
泣きたくなるような青空
浪速の従姉妹漫才
大恩人・辻原登さん
中華料理店の王さん
満開の桜の樹の下・NY編
遠くて近いブラジル
書店様へ