災害支援手帖

災害支援手帖

災害大国・ニッポン。これからの課題は「災害支援の教訓を活かすこと」です。

著者 荻上 チキ
ジャンル 書籍
書籍 > 社会・ノンフィクション
書籍 > 社会貢献の本
書籍 > 趣味・実用
出版年月日 2016/03/01
ISBN 9784863240902
判型・ページ数 A5判・106ページ
在庫 在庫あり
1,296円(税込)
»災害支援手帖 臨時公開版を限定公開しました。

この本はお金での支援、モノでの支援、いろんな困ったことを解消する小さなアイデアなど、災害支援の事例をイラスト満載で紹介。NPOやボランティアの方々を取材して得られた、支援の現場で本当に役立った事例を、荻上チキさんがわかりやすく紹介する、みんなで楽しく学べるヒント集です。

どのような災害支援の対応がうまくいって、うまくいかなかったのかをテーマごとに、あらゆる角度から検証し、失敗と成功事例を比較することで、次にくる災害への備えを共有しましょう。

まえがき ――支援訓練をはじめよう!


第1章 お金で支援しよう!

     「義援金」と「支援金」ってどう違うの?
      義援金はどこに寄付すればいい?
      義援金はどうやって届けられる?
      義援金についての注意点
      支援金って何?
     「利益を受け取らない」ってどういうこと?
      応援できるNPOはどこにあるの?
      それって「えこひいき」じゃないの?
     「モノ」を使って「お金」をつくる
      かわりに売って支援する
      募金はなかなか続かない


第2章 モノで支援しよう!

     物資で支援する前に考えておきたいこと
     被災地に必要なモノって何?
     支援物資を届けるにはどうすればいいの?
     支援物資を届けるときに注意することは?
     親切な梱包ってどんなかんじ?
     困った支援物資の例
     変わっていくニーズに対応するために
     大きな企業による支援のしくみ
     図解!ピースボートの倉庫を見てみよう!

第3章 ちょっとした工夫で支援は変わる!

     1  商店街の復興費用を援助するには?
     2  「情報を届ける」ための手助けをするには?
     3  仕事をなくした人たちを支えるには?
     4  ≪本≫や≪活字≫で支援はできる?
     5  情報ボランティアって何?
     6  「支援貧乏」を作らないために
     7  「小さなメディア」が命を救う
     8  「支援金」を集める新しい方法
     9  「モノ」を「お金」に変える!
     10  地域と地域の結びつきでできること
     11 「心のケア」はむずかしい?
     12 “困ってること”をもつ人たちへ
     13  語り継いでいくために
     14  特技を活かしたユニークな支援
     15  時期によって変化するニーズの実態を学ぶ
     16  進学をあきらめる子どもがいなくなるように
     17  子どもの遊び場でストレス発散!
     18  いろんな「困っている」を知る
     19  支援の文化を育てていこう
     20 「自粛」は被災地のため?

第4章 支援は終わらない!

     ボランティアと地元の関係
     ボランティア受け入れについての苦労話
     行政の職員の困ったこと・助かったこと
     さまざまな取組みと、見えてきた課題 


対談  永松伸吾さんに「これからの災害支援」を聞きにいってみました


あとがき ――支援の事例を残していく


コラム  現地に行くときに知っておいてほしいこと

     ボランティアに行きたい!
     花形だけがボランティアじゃない
     支援のニーズはずっと続く
     必要な装備も変化する
     
書店様へ