日本財団は、いったい何をしているのか 第二巻 

日本財団は、いったい何をしているのか 第二巻 

──本籍は海にあり ~組織の進化をたどる

日本財団の起源から現在までをたどる、シリーズ第二弾!

著者 鳥海 美朗
ジャンル 書籍
書籍 > 社会・ノンフィクション
シリーズ 日本財団
出版年月日 2015/12/30
ISBN 9784863240957
判型・ページ数 四六判・360ページ
在庫 在庫あり
1,512円(税込)

日本財団の起源から
現在までをたどる、シリーズ第二弾!

戦後の造船振興から姉妹財団の創設、その一方で日本全国につくられた「海洋センター」……。世界有数の社会貢献団体の、知られざる活動を追うシリーズ第二弾。日本財団はなぜ、いかにして誕生したのか。どのような活動から始めたのか――。海を起源とする日本財団の活動は、時代の要請に応えて常に変容していく。

内容
パラオの海から/なぜ姉妹財団なのか/陽平流リーダー哲学/生き残りのための変化/作家会長の誕生 など

第1章 造船から海洋へ
 パラオの島から
 そもそも何なのか
 
第2章 青い海と緑の大地 
 なぜ姉妹財団なのか
 津々浦々のB&G
 沖縄の猛特訓
 熱血育成士
 山の中の海洋センター
 B&Gの課題

第3章 試練の半世紀
 陽平流リーダー哲学
 生き残りのための変化
 痛恨の事件
 作家会長の誕生

第4章 曽野綾子が語る「日本財団と私」
 財団との縁
 現場主義に徹して
 テンユウ号を捜せ
 北朝鮮工作船とユリの花
 マスコミを呼び込む
 アフリカの貧困に学ぶ
 会長職の重さ
書店様へ