京都の流儀

京都の流儀

祇園の粋な遊び方、教えます。ANAグループ機内誌『翼の王国』人気連載コラム、待望の書籍化 !

著者 徳力 龍之介
ジャンル 書籍
書籍 > 小説・エッセイ
シリーズ 翼の王国books
出版年月日 2011/04/04
ISBN 9784863240346
判型・ページ数 四六判・160ページ
在庫 在庫あり
1,338円(税込)

これが私の教科書。
唯一絶対、究極の祇園ガイド、満を持しての登場です !!
──千住博 京都造形芸術大学学長・日本画家

花街、京都・祇園の究極エッセイ。
「一見さんお断り」のシステム、お座敷を支える裏方、芸舞妓さんたちの習い事、お稽古事の厳しさ、祇園に伝わる行事の優雅さなど、あまり知る機会の少ない「京都の流儀」をご紹介 !

知れば知るほど、京都・祇園の粋の深さを感じさせてくれる一冊です。

はじめに 1
京都の流儀 7
靴を粋に脱ぐ 9
お茶屋での装い 12
会席盆の上の話 16
そもそもお茶屋とは 20
お酒の話 24
ご祝儀と支払い 27
芸妓さんは味方につけよ 31
花街に対する誤解 35
自慢話は禁物 39
京都の暮れと新年 43
如月のお化け 46
散財について 49
春を告げる「都をどり」 52
お店出し 55
晴れの日を彩る、目録 58
初夏の風物詩、うちわ 61
八朔 64
襟替え 67
仕出し屋はん 71
ぽっちり 75
まねきのかんざし 78
稲穂の鳩 81
白塗りの襟足 84
お茶屋の女将 87
先笄 90
手ぬぐい 93
祇園町の提灯 96
「仕込みさん」から「見習いさん」 99
花簪 102
花名刺と千社札 105
おこぼ 109
高枕 113
事始め 117
福玉 121
化粧と道具 125
都をどりは「よーいやさぁ」 129
舞の扇子 133
手打ち 137
雨支度 141
かごの中身 145
お茶屋の世界 149
お稽古 153
書店様へ