あの空の下で

あの空の下で

芥川賞・山本周五郎賞・大佛次郎賞作家が描く“あの人”の記憶

著者 吉田 修一
ジャンル 書籍
書籍 > 小説・エッセイ
シリーズ 翼の王国books
出版年月日 2008/10/09
ISBN 9784863240087
判型・ページ数 四六判・207ページ
在庫 在庫あり
1,296円(税込)

ANA機内誌『翼の王国』で連載された珠玉の短編小説12編とエッセイ6編が収録。
吉田修一氏としては、初の読み切り連載小説およびエッセイの単行本化となり、ファン待望の一冊です。

【編集者の言葉】
芥川賞をはじめ、文學界新人賞・山本周五郎賞・毎日出版文化賞・大佛次郎賞など主だった文学賞を受賞した吉田修一。人間と人間の関係の曖昧さを平易な言葉でドラマティックに描き出す彼が、「読み切り連載小説」という新しいスタイルで物語を紡ぎはじめた。

初の読み切り連載小説のシリーズタイトルは『あの空の下で』。全日空機内誌『翼の王国』で2007年4月から連載スタートした。一篇ごとに主人公が変わり、物語が進んでいく。

主人公は、いわゆる“普通の人”ばかり。そういう人たちの日常のワンシーンを写し取っているのに、吉田修一の手にかかった途端、独特な光彩を放ちはじめる。ありきたりの時間や空間が、かけがえのないものであるかのような趣になるのだ。

身近すぎて見過ごしてしまうような些細なことへの愛しさ、苦しさ。それに伴う心のゆらぎ。馴染みのある感情が織り込まれた物語は、自分が経験しているかのような錯覚を呼び起こす。淡々と描かれるシーンに涙を誘われ、研ぎ澄まされた言葉に切なさが込み上げる。物語を読み進めるうちに主人公と自分の姿が二重写しになり、心が掻き乱されていく。フィクションであるはずなのに、目の前の現実よりもさらに強いリアリティを伴って心に迫ってくるのである。

今回刊行された書籍『あの空の下で』は、『翼の王国』2008年9月号まで掲載された読み切り連載小説12篇とエッセイ6篇を収録。ここに収められた作品には、使い古された恋愛小説の決め台詞のような陳腐な言葉はない。安易なハッピーエンドもない。しかし、読み終わった後もずっと、脳裏に焼き付いて離れなくなるリアルな言葉がある。読み返す度に心を揺さぶられる物語の数々に、ぜひ触れていただきたい。

 

 

 

書店様へ