モッタイナイで地球は緑になる

モッタイナイで地球は緑になる

「もったいない」を世界へ

著者 ワンガリ・マータイ
ジャンル 書籍
書籍 > 社会貢献の本
出版年月日 2005/06/05
ISBN 9784907818562
判型・ページ数 四六判・282ページ
在庫 在庫僅少
1,543円(税込)
在庫僅少につきオンラインストア限定販売!

木を植えることが、平和につながるとはどういうことなのか?環境に対する取り組みで初めてノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイ。アフリカに「グリーンベルト運動」を広め、持続可能な開発や、平和な社会づくりに貢献してきた彼女が、いかに貧しい農村女性を励まし、政治腐敗と闘ってきたのか。アフリカ人女性として初のノーベル賞受賞者、マータイ氏自身が書き下ろした初の邦訳本。附章として、来日の際、「もったいない」という日本語に感激し、「モッタイナイを国際語として広めましょう」と国連会議の場をはじめ、世界各地で呼びかけているマータイ氏の講演も特別収録。
第1章 序論
第2章 グリーンベルト運動の歴史
第3章 総合的な目標、価値観、プロジェクト
     植樹運動 家庭単位での食糧と水の確保
     市民教育 提唱活動 グリーンベルト・サファリ
     パンアフリカン・トレーニング・ワークショップ
第4章 組織構成
第5章 資金調達
第6章 功績
     農村部の植林と森林再生
     雇用の創出
     環境の重要性についての啓発
     個人と地域のエンパワーメント
     地域住民の動員
     インスピレーションの波及
     自生種(農作物を含む)保護の必要性についての啓発
     女性のイメージ向上
     提唱活動やネットワーキング活動の拡大
     地域における農機具の充実
     GBMの活動を記録し、認知する動きの活発化
     政治的迫害の中での運動の存続
第7章 足枷
     政府における障害
     地域社会における障害
     GBM本部における障害
第8章 学び得た教訓
第9章 私がグリーンベルト運動を行う理由
第10章 グリーンベルト植樹運動の発起と運営
     これから始めようという人のための10ステップ
第11章 グリーンベルト運動をアフリカ中に広げる  
     候補者の選定 
     トレーニング・プログラム
第12章 これから
     GBMプログラム
あとがきに代えて ワンガリ・マータイ インタビュー
附章 モッタイナイで地球は緑になる
    ―ソトコトNPOサミットでの対談、講演から
訳者あとがきに代えて
書店様へ